水耕栽培

3月です、春です、水耕栽培の季節です  3月4日

3月になり、所々に春の気配が見え始めています。

IMG_0063-19s.jpg金木犀s.jpg
家の福寿草や金木犀が咲き、そして今朝は梅の開花を見ました。

梅1s.jpg

 

しかしまだまだ寒さは厳しく、庭の土も冷たいく種を植えるには早いですね。

そこで水耕栽培で苗作りはいかがですか?水耕栽培用のウレタンスポンジ培地にお好きな種を植え、暖かい室内で発芽を待ちます。

パクチー水耕栽培20s1.jpgマザーグリーン水耕栽培11S.jpgマザーグリーンS1.jpg

 

今から植える野菜やハーブは、少し寒くてもしっかりと育つ品種を選びます。寒さに強いリーフレタスではロメインレタスです。

ロメインレタス1S.jpgパクチー栽培2.jpgイタリアンパセリ1-2s.jpg

ミズナも寒さに強い冬の野菜です。

パクチーも本来南方のハーブと思いますが、意外と寒さに強いです。

イタリアンパセリ、パセリもこれから植えても水耕栽培で可能です。

また花の種をウレタン培地に植えて、水耕栽培で苗を育てて、暖かくなってからプランターや畑に植える「水耕で育苗」する方法もあります。

この「水耕で育苗」で苗を育てると、種を無駄に土に播かずにすみます。

水耕苗作りS1.jpg

培地で大きく育った苗だけを選んで、プランターや畑に植えてあげます。

季節や温度に関係なく苗を作るメリットがあります。ひまわりなどを早く5〜6月ごろに咲かせたいときは3月末ぐらいに種を植えます。


まだまだ野菜が異常気象で価格が高騰している折でも、季節に関わらず水耕栽培で美味しい野菜を育てることもできます。

ベビーレタス7S.jpgベビーリーフ12S-1.jpg

ベビーリーフも栄養価満点で、野菜ビタミン不足の時期には最適です。


水耕栽培は従来の固定した方法では育てられなかった野菜、ハーブそして花なども収穫できます。

春です、これからがお部屋で育てる水耕栽培の季節です、ぜひチャレンジしてください。

 

水耕栽培育苗キットs.jpgパクチー育苗育成キットS.jpg水耕苗作りS1.jpg