水耕栽培

エンダイブを小型水耕栽培ココベジで育てました

DSCN9520.jpgDSCN9514.jpg

エンダイブが水耕栽培で大きく育っています

3月11日に種植えして、4月16日に定植したエンダイブの苗は小型水耕栽培器ココベジで大きく育っています。

5月に入ってから外側の葉っぱは大きくなってきましたので、数枚ずつ摘まんで食べ始めました。

根も写真のように大変立派に成長しましたので、これからはどんどん大きく成長しますので、2か月間は食前

に外の葉っぱを摘み取って少しずつ楽しめます。

エンダイブの葉は少し苦味がありますので、それだけで食べるのは少しきついので、レタスなどに混ぜると

美味しく食べられます。特にエンダイブはレタスに比べても栄養価は高く、パリパリとした食感はサラダとして

美味しい野菜の一つです。

リーフレタスをリビングファーム ココベジで育てています

DSCN9507.jpgDSCN9501.jpg

3月31日に種植えしたリーフレタス マザーグリーンの苗は少し遅くなって15日後に定植しました。

その後リビングファーム水耕栽培器ココベジの中で育てられ、暖かさがだんだん増す中で順調に

育っていきました。ココベジのLEDは赤と青と白がバランスよく装着されているので、特にリーフレタス

のような葉菜には最適な光源です。また肥料は大塚アグリテクノ社のベジタブルAを初期は200倍に

薄めた水の中で育てています。その結果、写真のように育成ポットのスリットのスキマから沢山の根が出て

成長に十分な栄養を吸収して葉っぱに送っています。

特に植物の成長には根の成長が一番大切で、リビングファームの水耕栽培ではそのために根の育つ

育成ポットの中にハイドロボールを使っています。ハイドロボールに添って成長する根にハイドロボールは

十分な水分と栄養そして酸素を供給しています。

このようにしてリビングファーム方式は植物の根を成長させ、本格的な野菜が収穫できるのです。

この時期になると葉っぱの先端が焼けたような茶色に変色することがありますが、これはチップバーンと言って

カルシュウム不足が原因と言われています。特に寒い時期は葉っぱからの蒸散が少なく、根からの栄養

カルシュウムが不足して出ると言われています。これは病気では無く、食べるには全然問題がありません、

先端部を少しちぎってから召し上がってください。あと10日〜12日ぐらいで収穫できます。

ミニ水耕菜園でルッコラを育てました

DSCN9177.jpg

4月初めにミニ水耕菜園のシート培地にルッコラの種を植え、最初は室内の蛍光灯で育てました。

その後春の日差しが強くなりましたので、陽のあたる窓際に移して育てました。

陽の光を十分に当ったルッコラはどんどん成長して、写真のように大きくなり既に何回も収穫しました。

ルッコラはあまり大きくならない葉の方が柔らかくて美味しいので、10cmぐらいに伸びた葉はどんどん

摘まんで、リーフレタスと一緒にサラダにして楽しめます。また熱く焼けたピザパイの上にルッコラを載せると

ルッコラの香りが増し、チーズの味わいが益々深まります。

このままミニ水耕菜園を日当たりに置き、肥料と水をしっかりと供給すると、1ヶ月ほどルッコラの葉は

収穫ができます。

ひまわりが大きく育っています

DSCN8999.jpgDSCN9006.jpgDSCN9495.jpg

DSCN9497.jpg

まだ寒さが残っている3月31日に種をウレタン培地に植え、4月9日に育成ポットに定植しました

その後ひまわりの苗が写真のように大きく育ち、根が十分生えたころ育成ポットのまま庭の畑に4本、

プランターに2本植えました。

温かさが増してきた5月初旬にはそのひまわりの苗が写真のように大きく育ちました。

庭に植えてから暖かい日もあり、寒い風が吹くような日もありましたが順調に育っているようです。

たぶん本格的に暖かくなる5月末か、6月には花芽を持つと思います。

リーフレタスのグリーンウエッブを定植しました

DSCN9410.jpgDSCN9414.jpgDSCN9417.jpgDSCN9422.jpg

DSCN9426.jpgDSCN9427.jpgDSCN9439.jpg

 

4月22日に種をウレタン培地に植えたグリーンウエブ(リーフレタス)を5月9日に定植しました。

グリーンウエッブは大変早く成長するリーフレタスで、水耕栽培には大変適したリーフレタスです。

種植えから12,3日で根が大きく育ち定植時期でしたが、少し定植のタイミングを遅らせましたら、

写真のように15cmほどの根がしっかりと成長していました。植物の成長にはとにかく根が一番

大事で、根さえしっかりと伸びていれば葉の成長が遅くても、最終的には立派な葉っぱが収穫できます

リビングファーム方式の定植は、写真のように育成ポットの底にハイドロボールを半分ぐらい敷き詰め

根を育成ポットの底のスキマから静かに引出し、培地を適当な高さにハイドロボールで固定します。

最後に細かいハイドロボールで上部を置いて整えます。

定植した育成ポットをリビングファーム小型水耕栽培器ココベジにおいて育成します、後25日ぐらいで

収穫が始まります。

ミニトマトをリビングファームココベジで育てます

DSCN9337.jpgDSCN9287.jpg

育成ポットに定植したミニトマトの苗をリビングファーム小型水耕栽培器ココベジに置きました。

ココベジのLEDは赤LED6個、青2個、白4個、合計12個ですが消費電力は合計10ワットで

大変省エネで、月に掛かる費用は点けっぱなしでも130円〜140円ぐらいです。

ココベジをリビングやキッチンに置いておきますと、夜間明るく常夜灯の役目もして大変きれいです。

夜間でも光合成がおこなわれると、お部屋の二酸化炭素が吸収されて、酸素が発生し、朝起きると

大変爽やかな空気になっています。夜間も点灯しておくと蒸散が活発に行われ、湿気が出て冬などは

加湿器として使うこともでき一石3丁の効果があります。

ミニトマトはこれから15〜20cmぐらいになるまでココベジで育て、その後はリビングファームの

中型水耕栽培器RH3で育てるか、プランター、畑に植えてあげます。

ミニトマトを水耕栽培で育てます

kokuama140505.jpgaiko140505.jpgfuruthika140505.jpgDSCN0mitsujpg.jpg

  ミニトマトこくあま         ミニトマトあいこ      中玉トマトフクティカ       ミニトマトおみつ              

4月22日に植えたミニトマトの苗が大きくなってきて、いよいよ定植する時期です。

ミニトマトおみつ、ミニトマトアイコ、中玉トマトフルティカ、ミニトマトコクあまの4種を植えましたが、

気候に恵まれて12日ぐらいで全ての苗が定植できました。

大粒のハイドロボールを育成ポットの底に5,6個敷き、苗から長く伸びている根の先端を育成ポットの

底のスリットから丁寧に引き出してあげます。根は大変細く、弱いので少しでも強く引っ張ると

切れてしまいます。しかし先端が切れて無くなっても、育成ポットのスキマから根が出せなくても

ハイドロボールの上にウレタン培地のまま置くだけでも根はどんどん伸びます。

育成ポットに定植した苗はリビングファーム小型水耕栽培器ココベジで育てます。ココベジに装着している

LEDは赤6個、青2個、白4個と植物の光合成するための光のバランスが最適で、露地栽培

よりかなり早く成長します。光合成には赤の光が必須です、特に赤LEDでも波長が660nm周辺

の光が葉っぱへの吸収が多いことが判っております。

まずこのLEDである程度までの大きさまで成長させてから、プランターや畑に植えると、これからの時期では

屋外でも十分に育って花芽もどんどん出来てきます。

ミニトマトの苗を水耕栽培で作りました

minifhuru&kokuama2.jpgminifuru&kokuama1.jpgminiaiko1.jpgminifuruthika6.jpg

miniomitsu&aiko2.jpgmini omitsu&aiko1.jpgminiomitsu1.jpgminikokuama1.jpg

4月22日に新たにミニトマト4種の種をウレタン培地に植えました。

種類はミニトマトおみつ、ミニトマトアイコ、中玉トマトフルティカ、ミニトマトコクあまの4種で、

約10日後には写真のようにウレタン培地から大きな芽を長い根が出てきました。

ミニトマトコクあま(サカタ種苗)は大変発芽率が良くて6培地中6個に発芽しました、ミニトマトおみつ

(タキイ種苗)は6個中5個、ミニトマトアイコ(サカタ種苗)は8個中6個、しかし中玉トマトフルティカ

(タキイ種苗)は8個中3個と発芽率が悪かったです。

フルティカは苗の成長が良く大きく育ちますので、その分発芽率が落ちるかもしれません。

これから数日後、育成ポットに定植して、リビングファームのココベジで苗を大きく育ます。

気候が温かくなったので屋外のプランターや庭の畑に植えて、美味しいミニトマトを収穫したいと思います。

収穫は6月初めかと思います。

水耕栽培で育てているミニトマトに実が付きました

mini furuthika1.jpgmini furuthika2.jpg

2月6日にミニトマトと中玉トマトの種をウレタン培地に植えました。

2月20日にミニトマト3苗と中玉トマト5苗を育成ポットへ定植して育てましたが、それからリビングファームの

中型水耕栽培器RHのLED2本の光と、外からの春の日差しを受けてどんどん成長しました。

4月初め頃から黄色い花を持ち始めたので、花に成長調整剤トマトトーンを散布すると、4月末には写真の

ような中玉のトマトが実りました。実を持ち始めてからは、なるべく育成ボックスの水を沢山入れるのでなく

枯れ気味に水やりを調整しました、これはトマトの実に甘味を多く含ませたいためです。

今回は甘いミニトマトを作ることが目的です。

まだまだミニトマトの実が赤くなり、甘いトマトが収穫できるのにはあと数日が必要ですが、まだ他の枝には

黄色い花が咲いてますので、5月下旬まで楽しめそうです。

ラディッシュを収穫しました

DSCN9066.jpgDSCN9052.jpgDSCN9046.jpg

3月31日種植えして4月9日定植したラディッシュ(二十日ダイコン)を28日に収穫しました。

20日より少し経ってしまったので、二十日ダイコン類も予想より大きく育っていました。

水耕栽培ではほとんどリーフレタスのような葉菜が主体ですが、ラディッシュだけが根菜類として

水耕栽培で成功したものです。育成方法としては特に葉菜類を違いが無く約10日目に定植して

からココベジiのLEDで育て、肥料も同じ大塚アグリテクノのベジタブルAを同じぐらいの

濃さ(0.8〜1.2EC値)で育てました。たぶんもう少し肥料濃度は薄くても良かったと思います。

ただ違いは根本が大きく育つので、ハイドロボールは多く周囲に置かずに空間を作って置いた

方が実に傷がつかずに大きく育ちます。食べましたら食感が良く、香りも強く、みずみずしい

ラディッシュでした。

ラディッシュ(二十日ダイコン)が収穫時期です

 

 DSCN9015.jpg

3月31日に種子を播いたラディッシュ(二十日ダイコン)が名前の通り二十数日で収穫時期になりました

4月9日に育成ポットに定植して、ココベジiのLEDで育てましたが、気温が段々温かくなったので

あっと言う間に葉っぱの根本に赤と白の実を持ち始めました。

あと数日で収穫します。

ペチュニアの花が満開です

DSCN9007.jpgDSCN9027.jpg

今年1月17日に14培地に播いたペチュニアの種子は発芽率が悪くわずか2,3苗しか

育ちませんが4月から花を咲かせて、本日までに写真のように多くの花が咲きまさに満開です。

この間ココベジのLEDの光だけで育てましたが、やはり室温が低くまだ十分に茎等が伸びて

ませんが花は早くから咲き、楽しませてくれます。

これからまだまだ茎と葉が伸びていき、ココベジのボックスに一杯咲くものと思います。

ひまわりを水耕栽培器ココベジで育てています

DSCN8992.jpgDSCN8999.jpgDSCN9006.jpg

3月31日に植えたひまわりが20数日経ってこのように大きく育っています

ひまわりは発芽が早く4月9日には5個の苗を育成ポットに定植しました。その後ココベジの

LEDで育てましたが12,3日で根が沢山伸びて、茎も10〜20cmに成長しました。

今年の春はまだ寒く、室温でも10度以下の日もありましたが、液体肥料とココベジのLEDの光で

順調に伸びてきました。

これから数日は室内で育てますが、連休頃には庭か、プランターへ移し替えて、陽の光を沢山

浴びて、夏前には大きなひまわりの花が咲くものと思います。

パセリをココベジiに定植しました

DSCN8954.jpgparsly1404-1.jpgparsty1404.jpg

3月31日に種植えしたパセリは室温が寒いせいか、発芽が遅く、苗の成長も遅かったです。

7つの培地に種植えしたパセリの内、発芽したのは4つに培地だけで、しかも根が短く

葉も小さいので20日経っても定植の時期でないようですが、思い切って定植しました。

培地から小さな根が2cmぐらいですのでハイドロボールの上に置くだけで、根はそのまま

小さなハイドロボールで覆いました。しかし根は非常に丈夫ですので、たぶんハイドロボール

に含まれる水分と酸素を吸収しながら、底のスリットから根を出てくると思います。

パセリはイタリアンパセリと同様、最初の収穫から数か月間(5〜6か月)の長い間、根本から

新芽がどんどん伸びてきますので、何回も収穫できます。一家に一本あるだけでビタミンCの

補給は十分です。またビタミンA,Bの他カルシュウム、鉄などの栄養価が高くポリフェノール等の

抗酸化成分が豊富です。

イタリアンパセリをココベジiに定植します

DSCN8962.jpgDSCN8964.jpg DSCN8970.jpg

20日前に3月31日にウレタン培地に植えたイタリアンパセリの種が大きく成長しました。

イタリアンパセリはリーフレタスの比べると発芽が遅く、苗の成長もゆっくりですが15,6日

ぐらいから根が大きく成長しましたので、いつでも定植できました。

4月21日少し遅くなりましたが、7培地の内4培地だけハイドロボールで培地を固定して

育成ポットに定植しました。根は大きく伸びておりましたのでそこから根を伸ばすことが

出来ましたので、定植後は水中の栄養分をどんどん吸収して大きく成長します。

定植したポットはココベジiのLEDで20日〜25日ぐらい後に収穫できます。

その後は何回も収穫でき数か月たぶん秋まで美味しいイタリアンパセリが楽しめます。

尚写真のウレタン培地に付いている緑色は青コケの一種ですが、空気中にその胞子があり

水と光のある所に付着して光合成で成長する植物の一種ですので害はありません。

水で良く流すと落ちていきますが光を当てないようにしますと成長が止まります。

定植した苗をココベジiで育てます

DSCN7684.jpg

育成ポットに定植したリーフレタスをココベジiで育てています。

ココベジiに装着しているLEDは植物栽培に最適な赤っぽい光を発しています。

なぜ植物の成長には赤い光が必要なのでしょうか

植物は光合成で成長しますが、その光合成が葉の中で行われるためには光のエネルギーが

必要ですが、葉の中の光合成をする葉緑体は赤と青の光を主に吸収します。

緑、黄色の光は葉っぱ表面で反射しますので、葉っぱは緑色に見えています。

特に葉緑体は赤の波長の660nmのところを主に吸収することが判っています。

ココベジのLEDにはその赤のLED(660nm)が6個、青(440nm)が2個そして白LEDが

4個装着されており、光合成を促進しています。

このココベジの赤っぽい光が本格的なリーフレタスを育てることが出来ます。

リーフレタス(マザーグリン)の苗を定植しました

DSCN8854.jpgDSCN8864.jpgDSCN8867.jpg

DSCN8877.jpg DSCN8913.jpg

リーフレタス(マザーグリーン)をリビングファームのココベジに定植しました

3月31日にウレタン培地に植えた種14個中13個発芽しました、発芽率は93%です。

その後順調に育苗容器の中で芽が伸び、根も8〜10cmぐらいに成長した頃、育成ポットに定植します。

リーフレタスの根は細く繊細なので育成ポットに入れる時注意が必要です。

ただ根が多少切れても直ぐに伸びてきますので、そのまま育成ポットで育てます。

4月16日には育苗トレイの上に置いた苗の根は大きく伸びてしまい定植の時期でしたが、定植は少々

て遅くなっても問題なく、少し収穫が遅れる程度です。

培地ごと育成ポットに置き、周囲を大粒のハイドロボールで固定してあげ、最後に小粒のハイドロボールで

培地が見えないように整えます。

この後はリビングファーム・ココベジい置いてLEDで照射すると、光合成がどんどん行われ20〜25日

で数画時期です。ココベジのLEDは赤色が多いため光合成は活発に行われ、本格的なリーフレタスが

収穫できます。

光合成には赤色の光が必須で、少ないと成長は遅く本格的な野菜は出来ません。

エンダイブの苗を定植しました

DSCN8922.jpgDSCN8938.jpgDSCN8941.jpg

3月31日にウレタン培地に種まきしたエンダイブを4月16日に育成ポットへ定植しました。 

種を植えてから10日ぐらいでだいぶ根も長くなり、そろそろ定植する時期でしたが、少し

遅れましたので写真のように根が長く大きくなりましたが特に定植には問題ありません。

エンダイブの苗を培地ごと大きいハイドロボールを底に置いた育成ポットに入れ、慎重に

根を底のスリットから出します。大中のハイドロボールで培地の周辺を固定して、最後に

小粒のハイドボールで上部を覆い培地が見えないようにします。

育成ポットに定植したエンダイブの苗はリビングファーム ココベジのLEDでいよいよ育てます。

エンダイブの苗は25日ぐらいで大きくなり、収穫期になります、エンダイブは少し苦味があり

ますが、大変栄養価が高く、リーフレタスなどに混ぜてサラダとして楽しめます。

パセリを水耕栽培で育てました

DSCN8837.jpg

パセリの種を昨年9月10日にウレタン培地に植え、10月7日に育成ポットに定植しました

パセリは発芽率は低く、特に苗作りは簡単ではありませんが、定植後は大変勢いの

ある植物です。特に室内水耕栽培で育てますと、まず害虫に食べられませんので、もちろん

農薬などは不要です。いつでも大きくなったパセリを摘まんでサラダに加えたり、お料理の

添え物としたり、大変便利に使えます。パセリは大変栄養価が高く、ビタミンCはリーフレタス

等に比べますと十倍以上です(食品分析センターで検査)。

写真のように昨年暮れから大きく育ったパセリを、毎日のように朝のサラダと一緒に

出します、まさに健康機能野菜の一つです。

リビングファームのココベジのポットの一つにパセリがあると、サラダが大変華やかなものになります。

イタリアンパセリを水耕栽培で育てました

DSCN8849.jpg

昨年秋9月10日に植えたイタリアンパセリの種は10月7日に定植しました。

イタリアンパセリは発芽率が低く、苗を作るのが難しい植物でが、定植後は大変順調で

何度も摘み取っても、又下から生えてくる大変勢いの強い植物です。

昨年12月から数か月間採りつづけていますが、写真のようにいつも葉っぱが生い茂っているので、

大変便利な食材です。

イタリアンパセリを使う時はピザやパスタ料理に添えるぐらいですので、1度には少量使うので

部屋の中、水耕栽培で育てるといつも新鮮なイタリアンパセリが楽しめます。

レタス等と一緒にサラダとして食べると大変栄養価が高くなり、華やかなサラダになります。

イタリアンパセリは2年草のせり科の植物で、ビタミンA,B,Cが大変豊富で鉄分、カルシュウム

等のミネラルも豊富な健康ハーブです。

ミントを水耕栽培で育てました

mint−2.jpg

ミント(ペパーミント)の種を昨年12月28日にウレタン培地に3粒づつ植えました

時期的に寒い時期でしたが、室内で育てる水耕栽培は特に問題ありません。

発芽率は大変高く85%ぐらいで、ほとんどの培地から芽が出てきまして、今年1月20日に

育成ポットにハイドロボールで固定してあげました。それから室温(8〜15℃)でも順調に

育ち、写真のように大きく育ってきました。

ミントはヨーロッパ原産のシソ科の宿根性多年草で、葉を摘み取って軽く揉むと爽やかな

ミントの香りが立ちます。熱いお湯にミントの葉を数枚入れ、数分経ちますと爽やかな

ミントティーが楽しめます。

レモンバームを水耕栽培で育てました

remon balm.jpg

昨年の9月に種をまいたレモンバームが育成ボックス一杯に育っています。

レモンバームは南ヨーロッパ原産のシソ科の宿根性多年草です。葉っぱを摘まむとレモンの香りが

手に付きます、大変爽やかな香りでサラダに添えたり、ハーブティーにして楽しめます。

リビングファームの水耕栽培で育てますと、写真のように冬の間でもどんどん大きくなります。

1年中葉っぱを収穫できますので、この後も根が腐ってくるまで育てていこうと思います。

ルッコラをミニ水耕菜園で育成中です

DSCN8788.jpg3月10日にミニ水耕菜園Sにルッコラの種を植えました。

3月20日ごろから、ミニ水耕菜園のウレタンシートのスリットからルッコラの芽が出始め

直ぐに蛍光灯スタンドの下に置き、5日毎に肥料を薄めた水を与え続けました。

4月11日には7〜8cm以上の大きさに成長しました。まだ摘む時期ではありませんが

後6〜7日で美味しいルッコラが食べられます。根がしっかりと伸びているので、ルッコラの

葉を摘まんでも、後から又数日で新しいルッコラの葉が伸びてきます。

ミニ水耕菜園でベビーリーフを育てました

DSCN9854-1.jpgDSCN8797.jpg

リビングファームのミニ水耕菜園Sでベビーリーフを蛍光灯で育てました。

ミニ水耕菜園の専用ウレタンシートにベビーリーフの種を3月1日に植えてから約1ヶ月

蛍光灯スタンドだけで育成しましたが、写真のようにベビーリーフとは言えないくらいの

大きさに成長しました。本来もっと早めにリーフを摘み取って食べれば良いと思います。

食べた時の食感は大変柔らかく、しかし新鮮なパリパリ感はあります。

水耕育苗で育てたひまわりの苗を定植します

 

140409-.jpgDSCN8772.jpg

3月31日にひまわりの種を植えましたが、水耕育苗で育て4月9日に育成ポット定植しました。

ひまわりの成長は早く、10日ぐらいで根も15cmぐらいに伸び、茎も5cmに成長しました。

気候的には寒く早すぎる種植えですが、ウレタン培地で水耕栽培すると季節より先に

発芽して、リビングファームのLEDの光により室内でも成長させることが出来ます。

育成ポットの底から根を出し、培地をハイドロボールで固定します。

育成ポットに入った苗をリビングファームのセットで約3週間育成します。

ラディッシュの苗を定植しました

4月9日、3月31日に播いたラディッシュの種が大きく成長したので育成ポットに定植しました

140409-2.jpg140409-1.jpg140409-5.jpg

苗は子葉が大きくなり、根も10cm以上伸びており、定植時期です。

まず育成ポットにハイドロボール大を数個置き、苗を培地のまま入れます、根が長いのでポットの

底のスリットから引き出してあげます。丁寧にしないと根が途中で切れることもあります。

培地の周囲に大き目、中ぐらいのハイドロボールで真ん中になるように固定します。

上部は培地が見えなくなるように小粒のハイドロボールで覆ってあげます。

そしてリビングファームのココベジiの育成パネルに4個入れ、ボックスに収納します。

ボックスには最上部の水位線まで肥料を入れて水で満たします。

ココベジのLDEで照射を始めると後15日ぐらいで美味しいラディッシュ(赤カブ)ができます。

ペチュニアが咲きました

140409-3.jpg140409-4.jpg

今年1月17日に播いたペチュニアがリビングファームココベジで綺麗に咲きました。

咲き始めたのが4月1日から1,2輪ペチュニアの花が咲き始めましたので、種まきから約40日かかりました

ペチュニアは大変発芽が難しい花の一つで、14のウレタン培地に3〜5個の種をまきましたが、

発芽したのがわずかに4培地でした。寒いせいもあると思いますが、それと水の含み方も重要です。

今 ココベジで育っている苗は3カブのみですが、根がしっかりと伸びているので、今後は茎がどんどん

伸びてきます。後10日間で温かさもまし、ココベジの育成ボックスも上で満開になると思います。

エンダイブを水耕栽培で育てる

DSCN8664.jpgDSCN8676.jpg

2014年3月31日エンダイブの種をリビングファームのウレタン培地に2粒づつ植えました。

エンダイブは大変発芽率が良く1粒でも十分ですが、念の為2粒づつ植えますとほとんどの培地から

4日後に芽と根が出てきました、発芽率は96%です。4月7日に撮影した培地からの根は5cmぐらいで

子葉が小さいので3,4日後には育成ポットに定植します。その後はリビングファーム水耕栽培器

ココベジで育成します。

ひまわりをリビングファーム水耕栽培で育てます

DSCN8704.jpg140407.jpg

3月31日にひまわりの種をリビングファームのウレタン培地に1個づつ植えました。

ひまわりは4月暖かさが増して20度近くなりませんと植えませんが、家庭用の水耕栽培では

3月ぐらいの室内温度でも十分に発芽します。発芽率は7培地すべてが発芽して100%です。

4月7日には写真のように大きく根が伸びて、子葉も大きく育ちましたので、そろそろ育成ポット

に定植して、リビングファーム ココベジのLEDに照射して育てます。

エンダイブの種をリビングファーム水耕栽培で育てます

DSCN8664.jpgDSCN8676.jpg

2014年3月31日にエンダイブの種をリビングファーム水耕栽培のウレタン培地に植えました。

エンダイブは発芽率が高いのですが、念のため1培地に2個のエンダイブの種を入れました。

4月7日ほとんどの培地からエンダイブの子葉と根が大きく伸びてきました。発芽率は

95%の率で、1培地に1苗を裟だてますので、あとで1つに摘み取ります、あと2,3日で

育成ポットにハイドロボールで固定して定植します。その育成ポットをリビングファーム

小型水耕栽培器ココベジで育てます。30日ぐらいで食べられれるように成長します。