バジルを水耕栽培で大量に収穫しました  11月12日

バジルは水耕栽培とビングファームのLED360に大変相性が良いようです。

DSCN6303-1.jpg4DSCN630-1.jpgIMG_0022-1.jpgIMG_0025-1.jpg

8月の中ごろと9月初めに種を植えてから、収穫開始が10月中旬から始まり、バジルの先端がLEDに

着いたとき、先端から10cmほど幹を切ります。切る位置は幹の中間のは側芽が出ていますので、その

すぐ上が切るところです。10〜15日ぐらいで側芽だどんどん成長して、またLEDに着きそうになります。

このようにして1本のバジルから5〜8回ほど新鮮なバジルの葉っぱが収穫できます。

今の時期、外のバジルはほとんど枯れているか、虫に食われていますが、室内のリビングファーム水耕栽培

では、これからがバジルの収穫期で、たぶん来年の春まで、新鮮なバジルの葉っぱが収穫できます。

収穫したバジルの葉っぱを潰して、松の実、チーズをいれオリーブオイルで混ぜるとジェノベーゼソース

バジルソース)が出来ま、冷凍保存していつでもおいしいイタリアンが楽しめます。

水耕栽培野菜一杯のサラダです    11月9日

DSC05431-1.jpg

我が家では毎朝のサラダは欠かせません。前日に収穫したリビングファーム水耕栽培の数種の野菜を

写真のように盛り付けます。昨日はリーフレタス(マザーグリーン)とロメインレタスを主に、バジル、エンダイブ

ルッコラ、パセリ、イタリアンパセリ、ディル、チャービルなどにニンジンの細切りを追加しました。

ソースはバルサミコとオリーブオイルだけですが、トッピングとしてナッツとシラスのオリーブオイル揚げを

のせるとバラエティに富んだ味になります。毎日これでビタミンとポリフェノールだ充足されます。

植物栽培にはLEDは赤が一番      11月6日

ledtest.jpg

IMG_0057-5.jpgIMG_0062-5.jpgIMG_0076-5.jpg

植物は太陽の光を受けて光合成がおこなわれ成長していきます。

太陽の光は虹のように主に7色に分けられ、波長の短いほうから紫色から始まり、藍色、青、緑、黄色

橙色、赤色へ変わります。この色の中で植物が多く吸収する色は赤色で特に波長で660nm(ナノメーター)

のところで、次に吸収されるのが青色(440nm)といわれています。緑の周辺は葉っぱでは多くは反射

されて葉っぱは緑に見えます。緑色も一部が吸収、透過していきますので、少し光合成に役に立って

います。リビングファーム水耕栽培でのリーフレタスの実験でも赤と青コンビが一番良く、赤LED、青LED、

白LEDと生長が明確に違いました。

TOKYO DESIGN WEEKにリビングファームが出展します 10月28日

tdw livingfarm.jpg

東京代々木の明治神宮外苑 絵画館前で10月30日(金)から11月3日(祝日)で開催されるTOKYO

DESIGN WEEKに出展します。この展示会は新しいデザイン商品、グラフィックなどの提案がされる

デザイナーの発表の場ですが、企業も新しいデザインの商品や提案を展示しております。

リビングファームも多くの新製品、ココベジワイド、ココベジスリム、イケアで水耕栽培キットなどを出展して

います、ぜひ週末、祝日ご家族でご来場ください。

ハーブを水耕栽培で育てています、チャービルが順調です 10月23日

IMG_0008-4.jpgIMG_0014-4.jpgIMG_0004-8.jpg

チャービルはセリやコリアンダーのように香りが楽しいハーブで、今回始めての水耕栽培です。

9月4日まだ暑い盛りのときにウレタン培地にチャービルの種を植えましたが、少し暑過ぎたので

発芽にだいぶ日にちが掛かりました。10日後に小さな芽が出てようやく定植できたのが9月26日でしたが、

小さい芽でしたので育つか心配でした。定植後はリビングファーム ココベジのLEDの下で、どんどん大きく

育ち写真のようになりました、これからもっと大きく育ちます。

チャーピルは甘い独特の香りが好まれてピザの上とか、サラダや魚料理のトッピングとしてパセリの

様に使われますが、パセリより香りも軽く、甘い香りがしますので甘いムースの上でもOKです。

ハーブを水耕栽培で育てています ディル  10月23日

IMG_0004−1.jpgIMG_0027-2.jpgIMG_0047-2.jpgIMG_0009-8.jpgIMG_0017-2.jpgIMG_0008-2.jpg

ディルの種をウレタン培地に植えたのが9月14日でリビングファームココベジに定植したのが27日ですが、

それから約1ヶ月が経過し大きく育っています。ディルはこれからもっと大きく育ちますが、植物栽培用LEDと

水耕栽培で育てるのは初めてですが、どこまで育ってくれるか楽しみです。

ディルはセリ科の1年草で、カルパッチョやスモークサーモンなどの魚料理につけてあげると独特の芳香が

たのしめます。ミネラルなどの栄養が豊富でカリウム、ナトリウムが多く含まれており、古くから薬草として

使われていたようです。

ハーブのレモンバームが水耕栽培で順調に育っています   10月21日

IMG_0019-26.jpgIMG_00316.jpgIMG_00016.jpg

9月4日に種植えしたハーブのレモンバームがようやく大きく育ち始めました。

定植したのが9月24日でしたが、その時の苗は大変小さなもので、育ってくれるか心配していま

したが、水耕栽培キット ココベジの中でどんどん大きくなって、本日の写真のようになりました。

レモンバームはミントと同じように庭に植えると春先からどんどん成長して、秋終わり頃まで緑の葉っぱ

が一杯ですが、ココベジのレモンバームはこれからどんどん成長して、冬から春まで長期間ハーブとして

楽しめます。

朝日新聞にリビングファームが掲載されました 10月19日

10月19日の朝日新聞の朝刊にリビングファーム水耕栽培について掲載されました。

水耕栽培の手始めとして100円ショップで購入したグッズで水耕栽培をすることが紹介されてますが、さらに

水耕栽培を本格的にスタートする機器としてリビングファームが紹介されております。

3朝日新聞.jpg

ハーブが水耕栽培で育っています    

ハーブ類を水耕栽培で種から育てる方法

ハーブハイドロ12.jpg

バジル、ディル、チャーピル、チャイブ、オレガノ、ペパーミントやレモンバームなどの

ハーブを室内で種から水耕栽培します。

ハーブは暮らしに役立つ植物として世界中でブームになっています。

ハーブの香りを薫ることで脳に刺激を与えて元気をもらえます。

最近の研究ではハーブの香りがボケ防止に役立つと言われています。

飲料としてはハーブティーやハーブ水にして味と香りが楽しめます。

室内でハーブを育てると鮮やかな緑に癒されます。

ハーブは料理の引き立て役として添えられます。

そして古来、西洋・東洋に於いて強力な薬効を示すことでも知られます。

そのおもな作用は、強い抗酸化作用をはじめ、殺菌や解毒、鎮痛、消化器官の活動促進、

強壮などや精神安定化作用などあります。

それぞれのハーブでその薬効について確認してください。

 

ディル              クレソン             セイジ

IMG_0009-1.jpgIMG_0003-5.jpgIMG_0005-1.jpg

9月初旬に植え、下旬に定植したハーブの内セイジ、ディル、クレソン、セイジが順調に育っています。

定植後はリビングファームのココベジiと水耕栽培器M2のLEDの下で育成しています。

特にディルは写真のように全ての苗が10cmほどに生長して、脇芽もどんどん出てきています。

クレソンも水辺の植物の名とおりに、水耕栽培に向いているようで、大きく成長しておりもう摘んで食べられそうです。

 

ハーブを種から水耕栽培するキットはこちらから

ハーブの水耕栽培バナー1.jpg

ロメインレタスを水耕栽培で育っています   10月5日

IMG_0020-5.jpgIMG_0010-5.jpgIMG_0002-5.jpg

国際宇宙ステーションで一躍クローズアップされたロメインレタスの種を9月6日種植えしてから、1ヶ月

経ちました。途中育成ポットに定植して、ココベジで育てていましたが写真のように大変順調に育っています。

宇宙ステーションでも赤と青のLEDを使い、水耕栽培で育ていましたので、ロメインレタスは水耕栽培に

最適なリーフレタスと思われます。リビングファーム水耕栽培のココベジも赤LED、青LEDそして白LEDを

組み合わせて光源なので、このロメインレタスの育成には適しており、初めての実験ですが大変順調です。

もう少し光量が多ければ本来のロメインレタスのように円筒状のロメインレタスが出来ると思います。

後5〜10日ぐらいで葉っぱを収穫して試食してみたいと思います。

イケアで水耕栽培に最適なツールを見つけました

IMG_0001-5.jpg温度計&時計「L?TTORP.jpgIMG_0038.jpg

イケアIKEAのお店で水耕栽培をするのに必要なツールを見つけました。

まず必需品の水差しジョウロです、写真のようにデザインが斬新で、しかも水の注ぎ具合が大変良く

リビングファーム、ココベジの育成ボックスに最適です。室内で水耕栽培方式で植物を育てるには

室内の温度は重要で、冬の寒いとき、夏の暑すぎるときも常にこのデジタル温度計でチェックできます。

しかも時計、アラーム、タイマーそして温度計と4機能がついている優れものです。

またブラシが大変使い勝手が良いです。水耕栽培で植物を育成後に育成ボックスの底や角には多くの

付着物が付き、なかなか洗い落とすのが難しいですが、このイケアのブラシを使えば、角がきれいに

洗い落とせます。このほかスポンジなども良く使います、嬉しいことは全ての価格がリーゾナブルな

ことです。

赤LEDと青LEDの水耕栽培での育成力は!   9月26日

IMG_00871.jpgIMG_00171.jpgIMG_00091.jpg

8月初めからリーフレタスを使ったLEDの色による育成の違いは、赤LED、青LED単色が共に優れて

いました。発育状況から見ると赤がやはり一番ですが、葉っぱの色を見ると緑色の濃さでは赤より優れて

いるようで、含まれている葉緑素や栄養素(ポリフェノールなど)は多いようです。

ただこの赤と青の単色LEDは見た目には美しくなく、家庭の中に置くにはやはりリビングファームLED360

のように、赤と青と白のコンビ色LEDが良いかと思います。白だけのLEDは前回の報告のように、初期の

育ち方は良かったんですが、育成中期から成長が悪くて途中で止めてしまいまいました。

ハーブを水耕栽培で育てています   9月24日

IMG_0019-2.jpgIMG_0024-2.jpgIMG_0003-3.jpgIMG_0015-3.jpgIMG_0025-3.jpg

IMG_0029-3.jpgIMG_0048-6.jpgIMG_0060-3.jpgIMG_0085.jpg

9月初めから始めたハーブはレモンバーム、チャーピル、セイジそしてクレソンなどを定植しました。

10種以上のハーブ(コリアンダー、チャイブ、オレガノ、ディル、タイム、イタリアンパセリそして

ペパーミントなど)をウレタン培地に植えて発芽を待っていますが、時期的か、温度か条件が合わない

ハーブはまだ発芽を見ないものもあります。クレソンなどの水を好むハーブは水耕栽培に向いているので

発芽も早く、苗の生長も早いです。同じくチャーピルやセイジは水耕栽培に適しているようです。

ただ期待しているコリアンダー(シャンチャイ、香草)はどうしても発芽してくれません、まだまだ諦めず

いろいろな方法で発芽をさせ対と思います。現在2種(クレソンとレモンバーム)のハーブはココベジワイド

のLEDに照射されて育てられています。

ロメインレタスを水耕栽培で育てています  9月16日

無題.pngnasa veggie.png

15-1.jpgIMG_0028-5.jpgIMG_0043-5.jpgIMG_0060-5.jpg

先月8月に国際宇宙ステーションのNASAVEGGIEで育てているロメインレタスを宇宙飛行士の油井さん

達が始めてステーションの中で食べたことが報道されました。写真のようにやはり赤と青のLEDで育てられ

ているようです。写真上部右はNASAVEGGIEの内部です

私はロメインレタスを栽培したことがなかったので、9月4日に種植えしましたが、大変優秀なレタスで10日

に写真のように大きく苗が育ち、本日育成ポットに定植しました。発芽率も大変良く93%でした。

育成ポットに入れてから イケアのラックに装着しているリビングファームLEDで育てます。

ロメインレタスは大変古くから食べられているレタスで、ローマ時代からあるのでロメイン(ローマ)と言う

そうです。宇宙飛行士は皆さん美味しいとコメントしていますので、収穫が楽しみです。

ホウレンソウを水耕栽培で育てています。 9月15日

hourensou baby.jpgIMG_0051.jpgIMG_0059.jpg

冷蔵庫で発芽させたホウレンソウの種をウレタン培地に植えたのが8月21日、育成ポットに定植した

のが8月31日でした。その後リビングファームココベジのLEDの下で順調に育って写真のようにもう

少しで収穫できそうです。同時にプランターに植え、陽のあたるベランダに置いたホウレンソウは天候不順

のせいかまだ小さいままです。

室内の安定した温度とLEDの光のおかげで外で育てるよりかなり早く成長しています。

秋はハーブの季節です

IMG_0011.jpgIMG_0032-1.jpgIMG_0062.jpgIMG_0004-4.jpg

主にハーブは春種まきをして、夏から秋に収穫するものが多いですが、水耕栽培では9月に植えて秋から

冬に収穫を楽しむことが出来ます。特に庭で育てるミントやレモンバームなどの葉っぱは夏から秋には

虫に食べられてしまうので、これからは水耕栽培で室内で育てると良いです。そのほかルッコラやバジル

などは室内で水耕栽培で育てますと1年中楽しめます。サラダなどに最適なイタリアンパセリ、パセリ、

コリアンダー、パクチー、シャンチャイなども水耕栽培で育てますと収穫期が長く、数ヶ月毎日新鮮な

香草が楽しめます。9月に入ってから数種類のハーブをリビングファームの水耕育苗セットで育て

ています。写真は9月初めに種植えし発芽始めたハーブで、左からチャービル、クレソン、ルッコラ、

レモンバームです。

LEDの色による植物の発育の違いを検証します/リビングファーム

【LEDの光の色によるリーフレタスの発育状況をリビングファーム水耕栽培器で検証】

赤LED(波長660nm)   青LED(波長440nm)   リビングファームLED360

赤LEDs.jpg青LED1s.jpg植物栽培用LED360ss.jpg


リーフレタスのマザーグリーンとグリーンウエッブをウレタン培地に植えて水耕栽培で苗を作りました。

まず苗の育成にはリビングファームの開発した赤と青と白の組み合わせのLEDで発芽から苗作りまで照射しました。

小さな苗に育ったリーフレタスをバランスよく4個の育成ポットに置いて4種のLEDで育ててみました。

 

1つ目の育成ボックスは赤LED(波長660nm)を12個装着したLED

2つ目の育成ボックスは青LED(波長440nm)を同じく12個装着したLED

3つ目の育成ボックスは白LED(波長は約450~550nm)を12個装着したLED

4つ目の育成ボックスは赤LED:6個、青LED:2個、白LED:4個のバランスのLEDの下に置きました(LED360)。

 

検証1         検証2         検証3         検証4

IMG_00152.jpg -1.jpg IMG_00234-1.jpg IMG_00111.jpg

 

それぞれを18日間同じ条件(室温、湿度、周辺環境、水と肥料の追加など)で育てました。

赤LEDのみ      青LEDのみ      白LEDのみ    赤+青+白(led360) 

IMG_00431.jpgIMG_00462.jpgIMG_00543.jpgIMG_00574.jpg

18日後のリーフレタスの発育状況は、写真のように少しずつ差が出てきました。

太陽の白い光の可視光線部分を波長別におおよそ分けると、一番波長の短いところは人目には紫に見えます。

少しずつ波長の長さは大きくなって青になり、緑から黄色になりだんだん橙いろに変化して、最終的には赤になります。

このうち植物の光合成に大変役立つのは青と赤の光の部分とされています。これは青と赤の波長を葉っぱの葉緑体に吸収されるからです。

緑の色は葉っぱの表面で反射されます、だから人目には葉っぱ類は緑に見えます。

光合成を活発にする光の色は赤と青ですが、その他の色も反射されずに吸収されたり、透過したりしていつかは葉緑体の中にエネルギーとして取り入れられますが割合は低くなります。

下記の検証ではまだ18日程度ですとそれほどの差は出ていませんね。

 

IMG_00211-1.jpg IMG_00292.jpg IMG_00313.jpg IMG_00384.jpg

 

その後約15日後の4つの検証結果は下記の写真の通りです。

LEDの色(赤LED、青LED、白LED、リビングファームLED360)による植物の水耕栽培での育成の違いの最終報告です。

 

IMG_0042.jpgIMG_0044.jpgIMG_0048.jpgIMG_0053.jpg

IMG_0057-2.jpg IMG_0062-2.jpg IMG_0072-2.jpg IMG_0076-2.jpg

 

種植えしたリーフレタス(マザーグリーンとグリーンウエッブ)は12日後に定植してから

ココベジ水耕栽培器の中で、LEDの色を変えて同時そして同条件で育ててみました。

赤LEDは波長660nm付近、青LEDは440nm付近、白は青と緑の合成色そして

リビングファームLED360は赤:6個、青;2個、白:4個の組み合わせです。

この4種類で育ち方を観察してみました。

最初は白、とLED360が良く育っていましたが、定植から25日経ってからは、赤LEDと

青LEDのリーフレタスも写真のように大変大きく育ってきました。

写真からも良く判断できますが、赤LEDも青LEDの株元からしっかりと大きい葉っぱが

成長してきまして、葉っぱの色も緑濃くて、葉厚もあつく育っています。

学説でも光合成をおこなうためのエネルギーは赤と青の波長が一番多く吸収されるとのこと

ですので実証されました。

ただ二つとも家庭で育てるにはどぎつい色でインテリアとしてふさわしくありません。

やはりLED360のバランスが、見た目にもきれいで発育にも適しており、本格的な野菜を育てることが出来るようです。

それぞれの葉っぱの味わいは赤が一番甘く感じ苦味は少しです、青は甘みより苦味が大きく感じます、白は苦味も甘みもほどほど、LED360は甘みも感じ、苦味はほどほどでパリパリ感がありました。

 

検証の結果では

赤LEDは成長は葉っぱと茎の長さバランスよく成長しています。葉っぱの肉厚も厚くしっかりとしています。

 

青LEDも赤に比べて茎が太くて葉っぱも少し薄めの成長です。

苦味が多かったのはポリフェノールのような抗酸化剤が多く発生して結果です。

青LEDの単色光で野菜を育てるとポリフェノールのような抗酸化剤が多く生成されることが玉川大学の渡辺先生の実験により実証されているようです。

 

白LEDは茎が長く伸びすぎてしまい、全体のバランスが悪い葉形です、葉っぱは大きくなりましたが薄い葉形です。

通常 白LEDは緑色と黄色にフィルターつけて白く見せています。

したがって光エネルギー多いので植物は成長はしますが、栄養価については不明です。

 

赤+青+白LED(LED360)は茎の長さと葉っぱの成長とがバランスよく伸びたいるのが写真でもわかります。

また植物の光合成の面から検証しますと、植物は赤色と青色の光を多く吸収します。

リビングファームのLED360、LED600は下記の図のように赤と青の多く発光していますので、植物の吸収量は効率良いです。

LEDスペクトル図.jpg


また栄養面で考察しますと

赤と青の単色光があるため栄養価もビタミン、ミネラルなど露地栽培と同等の数値が出ました。

ただビタミンCが少し低いのはLEDから紫外線などが出ないことに因るものです。

 

そこで日中は極力陽の光が当たるところに育成ボックスを置いてください

IMG_0046-28.sjpg.jpg

 

 

ビタミンCや抗酸化剤をもっと上げるためには通常のLEDの他に紫外線を出すLEDを追加することも今後考えていきたいと思います。


確かに白いLEDは見た目には緑が鮮やかですが、成長性、栄養価、抗酸化剤などの成長には少し劣るようです。

 

この検証でも赤と青LEDの植物に対する有効性は明らかでしたのでリビングファームとしてはこの赤と青のLEDバランスを保ちながら植物を育てていきます。

本格的な植物工場ではほとんど赤と青のLEDを使用しているのはそのためです。

また玉川大学の渡辺先生の実験.実証によると青の単色LEDはポリフェノールのような

抗酸化剤を多く作り上げるとのことです。

 

リビングファーム LED360R(LED600Rもあります)の色バランスは

赤LED 6個、青LED 2個 白LED 4個の合計12個です

植物栽培LED360-2.jpg植物栽培LED11s.jpg

 

LED360Rのお求めはこちらから

 

野菜などの植物育成や苗作りの光源としては大変好評です。

 

少しインテリア性を重視したい方、緑の野菜が綺麗に見せたい方へは

リビングファーム LED360W(LED600Wもあります)のバランスは

赤LED 3個、青LED 1個、白LED 8個で合計12個です。

LED360Ws1.jpg

 

 

さらに大型なLED600は22個のLEDがバランスよく装着しています。

リビングファーム植物栽培LED600の詳細は植物栽培用LED600s.jpg

IMG_0018-18.jpg

 

  紫外線LEDについて  

通常のLEDは蛍光灯と違って紫外線を出しません、そのため通常のLEDで育てられた

野菜は露地栽培と違ってビタミンCが20%ほど少なく成長しています(当社実験)

そのためリビングファームでは育成中の野菜は時には陽の光に当てることを推奨しています。

また陽の光が当たらないところで育成の方には紫外線LED LED360UVをご紹介します。

リビングファームで2020年から販売しています紫外線は12個の紫外線LEDが装着しています。

通常のLEDで野菜の光合成をどんどん活性化して、補助的紫外線LEDを照射するとビタミンが露地栽培と同等で、約36%アップ(日本食品検査)したリーフレタスが収穫できました。

 

紫外線LEDのお求めはこちらから

紫外線LED360UV.jpgss.jpg紫外線LED360s.jpg

 

リビングファームLEDのお求めは

外形寸法360mmのLED      LED600はこちらから  

LFS100_2_500.jpg     LFS_600_1_500.jpg

イケアのラックで水耕栽培をしています。

IMG_0117.jpgIMG_0104.jpgIMG_0080.jpg

イケアのikea thaemo.jpg家具はシンプルなデザインで使いやすいものが多いです。

イケアのラックLERBERG棚にリビングファームの天板付LEDを取り付け、

その下でココベジシリーズの育成キットで水耕栽培をしております。

下段は水耕栽培で野菜を育て、上段には緑の観葉植物を並べると、

お部屋が潤いのある空間に変身しました。


植物は一日LEDの下で育てるのでなく、日中は陽の当たる場所に育成ボックスごと移動してあげると、

電気代の節約だけでなく、太陽の陽の力でより美味しい、ビタミンC豊富な野菜が育ちます。

イケアの温度計もジョウロも水耕栽培には必需品です。

赤LED、青LED、白LEDそしてリビングファームLED360の育成比較 9月2日

red902.jpgblue902.jpgwhite902.jpglf902.jpg

red902-1.jpgblue902-2.jpgwhite902-1.jpglf902-3.jpg

赤LED、青LED、白LEDそしてリビングファームが開発した赤、青、白コンビLED360との発育比較の

その後を報告します。

リーフレタスのマザーグリーンとグリーンウエッブを育てていますが、前回8月24日の写真と比較すると

それぞれにかなりの違いが見えてきました。やはり青LEDで育てたリーフレタスは一番発育が遅れて

います。しかし葉っぱの色は赤LED、白LEDと比較しても緑は少し濃いようです。

赤LEDのリーフレタスは白LED,LED360と比較するとあまり大きく成長していませんが、葉っぱに厚さが

あり、十分に光合成が行われているようです。白LEDは葉っぱが大きく成長していますが,厚さは比較的

薄いです。リビングファームLED360は葉っぱの大きさも一番で、葉っぱの厚さもあり、やはりLED

バランスが良いようです。最終的にはそれぞれの栄養分を分析することも必要かと思います。

LEDの色による発育状況は、想像した以上に違いがあり、今後更なる実験を植物を変えておこなって

いく予定ですが、なぜそのような違いが出るかの分析は大変難しい問題ですね。


リビングファームの植物育成用LEDの詳細は

https://www.living-farm.com/category/1757926.html


リビングファーム植物栽培用LEDのお求めは

LFS100_2_500.jpgLFS_600_1_500.jpg



ホウレンソウを水耕栽培で育てています。

hourensou-2.jpghourensou speed.jpgIMG_0009-3.jpgIMG_0046-3.jpg

IMG_0017-3.jpgIMG_0008-3.jpgIMG_0020-3.jpgIMG_0041-3.jpg

ホウレンソウは比較的発芽に手間がかかる野菜のひとつです。

また特に温度の高い夏は、温度環境を整えてあげないと発根が難しいです。

8月1日(室温27〜35度)に直接ウレタン培地に植えたホウレンソウの種はほとんど発芽しませんでした。

そこで今度はやり方を変えて8月10日に1日間、種を水に浸してから取り出し、水気をふき取って

冷蔵庫で3,4日保存しておきました。15日に20%、20日には60%の種から根が出てきましたので

丁寧にウレタン培地のスリット〔隙間〕に根を下にして植えてあげました〔写真参考〕。

30日にはほとんどのウレタン培地から芽を出して、根も5〜15cmぐらいまで伸びたので、育成ポットに

定植しました。

育成ポットをリビングファーム水耕栽培器ココベジの育成ボックスに置き,LED照射を始めました。

 

●ココベジでほうれん草を作ろう−お部屋で手軽に野菜作り♪

 bnr_webshop_l_nospace_300.jpg

LEDの色による成長の違いを実験しています

IMG_00152.jpg-1.jpgIMG_00234-1.jpgIMG_00111.jpg

IMG_00211-1.jpgIMG_00292.jpgIMG_00313.jpgIMG_00384.jpg

IMG_00431.jpgIMG_00462.jpgIMG_00543.jpgIMG_00574.jpg

太陽光など人に白く見える光は主に7色の色から構成されています。光を波長の大きさで分解すると紫から

始まって赤になります。これらが人の目に見える可視光線で、紫の外側は紫外線、赤の外側には

赤外線があります。植物はいろいろな実験から、この7つの色の内、青色と赤色の光線を沢山吸収して

光合成をしています。緑色や黄色は葉っぱなどの表面で反射して人の目に緑に見えてたり、黄色に見えたり

していますが、そのうちの幾分かは透過したり乱反射したりして一部はに光合成にも役立っているようです。

このような植物の習性をうまく活用するために、植物工場などの光源には赤LEDと青LEDをバランスよく

使っています。リビングファームでは赤と青と白LEDを6:2:4の割合で植物育成用のLEDを使っていますが

実際にどのくらい色によって発育が違うかを実験してみました。

育てた野菜はリーフレタスのマザーグリーン3株とグリーンウエッブ1株で、7月20日ごろ種植えして、

8月6日〔写真上〕に定植してから、赤LEDだけ、青LEDだけ、白LEDだけそしてリビングファームのLED

の4種で実験を始めました。それから24日〔写真下〕までの生育状況を報告します。現時点では生育

の状態はやはりバランスの良いリビングファームが一番のようです。


●ココベジ&LEDで、お部屋で本格野菜作りに挑戦♪

 bnr_webshop_l_nospace_300.jpg

イケアのラックにLEDを取付けて、水耕栽培棚に簡単チェンジ!

 

IMG_0087-1.jpgIMG_0101.jpg

前回は、新発売の”イケアで水耕”のご紹介をしました。 ⇒前回記事はこちら。

ご自宅のリビングにあるイケアの家具にも、LED360を取り付ければ水耕栽培棚にすることもできます。

新発売のキットでは、イケアのラックでLERBERGという大変シンプルなラックに、

リビングファームココベジ用天板付きLED360を取り付けて、リーフレタスとイタリアンパセリを育てています。

イケアのラックにLEDを設置するには、棚に4ヶ所穴を開けて、ネジとナットで取り付けます。

一番下の棚に苗を定植した育成ポットを入れた育成ボックスを置きます。

昼間は陽にあたるところに育成ボックスごと置いて、太陽光を十分に当て、

夜は植物栽培専用のLED(赤と青と白LED)で照射すると、通常より10日ぐらい早く収穫することが

できました。

 

●ココベジ&イケアで水耕栽培−自分スタイルで本格野菜を育てよう♪

 bnr_webshop_l_nospace_300.jpg

イタリアンパセリを水耕栽培で育てています

IMG_0013-2.jpgIMG_0020-2.jpgIMG_0009-2.jpg

6月中旬にウレタン培地に植えたイタリアンパセリがようやく育ち始めました。

イタリアンパセリとパセリは共に発芽率が悪く、6月に14倍地に植えたイタリアンパセリは8苗、パセリ

は4苗ほどしか定植できませんでした。発芽後も苗の生育は悪く、培地のなかで芽も根も伸びる速度は

大変ゆっくりとしたものでした。7月の中旬に育成ポットに定植して、ココベジtnのLEDの下で

順調に育ちはじめて、8月7日にはかなり大きくなってきました。この後、収穫までは2週間ほど掛かり

ますが、その後は数日ごとに沢山のイタリアンパセリが数ヶ月(たぶん11月まで)収穫することができます。

イタリアンパセリもパセリも育苗、育成に時間がかかりますが、大きく茎が伸びて根も成長してからは、

毎日でも新鮮なハーブが収穫できます。共にビタミン、ミネラル、葉酸など豊富なハーブです。

エンダイブを水耕栽培で育てています

IMG_0125.jpgIMG_0131.jpgIMG_0133.jpg

IMG_0168.jpgIMG_0171.jpgIMG_0153.jpgIMG_0161.jpg

 

猛暑が連日続きますが、我々もぐったりですが、葉物野菜も育成に影響がでています。

特に発芽率は大幅に悪くなり、リーフレタスの水耕栽培優等生のマザーグリーンでも発芽率は

60%ぐらいになります。そのなかでエンダイブは夏に強くて、発芽率は80%以上を示しています。

7月21日にウレタン培地に2〜3粒の種を植えたエンダイブは、リビングファームの育苗容器の中で

真のようにほとんどの培地から芽が出ております。

1つの培地から2〜3芽が出ておりますが、エンダイブは1株でも大きく育ちますので、一番元気の良い

苗だけを残して、ほかは摘心してあげます。元気な苗は育成ポットに入れ、ハイドロボールで固定して

育成容器に入れてからココベジのLEDで照射してあげます。これから30日ぐらいで沢山の葉を作り

おいしくて、栄養価特にカルシュウムの豊富なサラダを数ヶ月間楽しめます。

リーフレタスの苗を作ります

IMG_0035-3.jpgIMG_0048-3.jpgIMG_0007-3.jpg

極暑の時期は外で種をまいて苗を作ることは大変難しいです。そこで水耕で育苗をしましょう。

多くの種は気温が30度以上になると発芽率が大変悪くなります。そこで家の中で比較的涼しいところ

を選んでリビングファームの育苗セットで苗を育ててみましょう。水耕で育苗セットは育苗容器と育苗トレイ

それにウレタン培地がついておりますので、すぐに苗つくりができます。

種は市販のものでも大丈夫です、この時期は苗を作ってから、外でも育つ植物を選びましょう。

リーフレタス類、バジル、シソ、花類などは良いと思います。写真のようにウレタン培地に植えて、しっかりと

水を与えて、数日(3,4日)で培地から芽が出始めます。すでに育苗トレイの下から根が出始めているのが

育苗容器の外側から確認できるのが嬉しいです。 野菜の種類のもよりますが15日ぐらいすると苗が

大きくなり、根もしっかりと伸びていたら、定植の時期です。プランターやリビングファーム水耕栽培器の

育成ボックスに定植して、陽に当てたり、LEDで育てます。定植後は少々温度が高くてもしっかりと水を

あげたり、又水耕栽培ですとどんどん伸びてくれます。

ケールを水耕栽培で育て収穫しました

IMG_0005-5.jpgIMG_0006-5.jpgIMG_0013-5.jpg

6月中旬にウレタン培地に植えたケールは7月30日に収穫しました。

ケールを水耕栽培で育てるのは初めてでしたが、何とか食べられるほどの葉っぱになりました。

ココベジのLEDは少しケールを育てるには光量が弱いと思いましたが、写真のように立派な葉っぱを

沢山摘みました。根から全てを切り取るのでなく、真ん中の芯は残して置き、再度ココベジのLEDで育て

ています。今朝リーフレタスと一緒にケールの葉を食べてみましたが、少し青臭さがありますが、

バルサミコとオリーブのドレッシングに合っておいしかったです。ケールは葉菜のなかではダントツに

ビタミン、ポリフェノールが含まれている健康野菜です、これで夏ばてから回復するでしょう。

同時に植えた茎ブロッコリーはたぶん光量の問題でブッロコリーの花が咲かずに徒長気味でしたので

育成を終了して、再度試したいと思います。

イケアIKEAの家具で水耕栽培をやってみました

IMG_0057.jpgIMG_00533.jpg

IKEAイケアの家具にリビングファームLED360を取り付けて水耕栽培をやってみました。

イケアの家具でしゃれたラックLERBERGに天板付きLED360を3段目の棚に取り付けて、下の棚で

ココベジシリーズの育成ボックス、育成パネルに育成ポットにいれたリーフレタスの苗を育てています。

最初はリーフレタスの種をウレタン培地に植え、育苗容器とトレイで苗を育ててから、育成ボックスに

入れてあげます。日中、陽が差すときは育成ボックスごと窓辺において、夜はLEDで育てます。

写真のイケアのラックですと2段までLEDを取り付くことができますが、不安定になるのでラックは壁に固定

することを推奨します。ココベジタイプの天板付きLEDは1本用と2本用があり、近日発売します。


ケールの水耕栽培を始めました

IMG_00106.jpgIMG_00516.jpgIMG_00626.jpgIMG_00906.jpg

青汁で注目されているケールを水耕栽培で始めてみました。

野菜の中でケールはビタミン、ミネラル共に一番含有量があるとのことで、

水耕栽培でも育つかをテストしたいと思います。

6月13日にウレタン培地に種植えしましたが、発芽は直ぐに始まり、

発芽率は最終的に60%ぐらいで28日に10個の苗を育成ポットに定植しました。

写真のように根が大きく成長したので、育成ポットの底から根を容易く引きだすことができました。

育成ボックスに置き、リビングファームココベジのLEDで照射を始めますが、

予想では40日ぐらいで栄養価の高いケールが収穫できると思います。

 

●ココベジなら、梅雨の時期でもお部屋で手軽に野菜作り♪

 bnr_webshop_l_nospace_300.jpg

ブロッコリーを水耕栽培で育てています

 

IMG_00825.jpg

今、大変栄養価が高いと注目されているブロッコリーを水耕栽培で育て始めました。

同じブロッコリーでも良くお店で見かける大きな球形のブロッコリーでなく、

茎ブロッコリーを試しています。

リビングファームの水耕栽培方式では、育てながらすこしずつ、

毎日新鮮な野菜を摘み取れる方が長く楽しめて良いです。

通常のブロッコリーでは成長してから一度に切って収穫することになり、

この楽しみは無いと思いまして茎ブロッコリーを試しに育ています。

茎ブロッコリーは根元から何本も茎が成長して、

先端にブロッコリーの実を作るので向いていると思います。 

6月13日にウレタン培地に種を入れて、発芽を待っておりましたが

意外と早く発芽が始まり、24日には6本の苗を定植しました。

発芽率はあまり良くなく50%程度です。

これから育成ポットに植え替える茎ブロッコリーはココベジiのLEDで育てて、

30日ぐらいすると茎が伸びてくるものと思います。

 

● 社長と一緒に、お部屋やオフィスで、野菜作り始めてみませんか?

bnr_webshop_l_nospace_300.jpg

水耕栽培で育てるリーフレタス(種類別)−Aマザーグリーン

IMG_00952.jpgIMG_00991.jpgIMG_01051.jpg

IMG_0110.jpgIMG_0116.jpgIMG_00034.jpg

マザーグリーン(タキイ種苗)は水耕栽培専用のウレタン培地で発芽させると、大変発芽率も高く育てやすい

リーフレタスです。この時期、室温が20°C以上ですとほとんど100%の発芽が見られます。

2週間ほどして、写真のように大きく育った苗をリビングファームの育成ポットに定植してあげます。

育成ポットにハイドロボールの大粒を数個入れて、写真のように上の方を空け育成ポットの底の

スリットからリーフレタスの根を出します。マザーグリーンの苗をウレタン培地ごとハイドロボールの

大粒で固定してから、最後に小粒で上を覆います。

定植した育成ポットは育成ボックスSに入れて、ココベジのLEDで照射すると数週間後には大きく

育った美味しいリーフレタスが食べられます。