チャービル セルフィーユを水耕栽培で育てています。   1月25日

ハーブ類を水耕栽培で種から育てる方法

チャービル、セルフィーユ、バジル、ディル、チャイブ、オレガノ、ペパーミントやレモンバーム

などのハーブを室内で種から水耕栽培します。

ハーブは暮らしに役立つ植物として世界中でブームになっています。

ハーブの香りを薫ることで脳に刺激を与えて元気をもらえます。

最近の研究ではハーブの香りがボケ防止に役立つと言われています。

飲料としてはハーブティーやハーブ水にして味と香りが楽しめます。

室内でハーブを育てると鮮やかな緑に癒されます。

ハーブは料理の引き立て役として添えられます。

そして古来、西洋・東洋に於いて強力な薬効を示すことでも知られます。

そのおもな作用は、強い抗酸化作用をはじめ、殺菌や解毒、鎮痛、消化器官の活動促進、

強壮などや精神安定化作用などあります。

それぞれのハーブでその薬効について確認してください。

 

チャービルの苗       

チャーピルs.jpgIMG_0006-511.jpgIMG_0011-5.jpg

 

チャービルの種をウレタン培地に植えたのが、9月から11月まで水耕栽培で育ていますが、

数ヶ月経った今でもきれいな緑の葉と、チャービル独特の軽やかな甘い香りを楽しませて

くれます。

チャービルはローマ時代古くから栽培されている香草で、フランス料理に良く使われており、

フランス語ではセルフィーユと言っています。別名『グルメのパセリ』とか『フレンチパセリ』と

言われており、さわやかで甘みのある葉っぱで料理やケーキのトッピングに良く使われています。


リーフレタスなどに混ぜてサラダを楽しみますと、サラダが華やかな香りになり、リフレッシュな気持ちになる不思議なハーブです。

種から水耕栽培するのはそれほど難しくなく、発芽率は少し落ちますが、発芽後はココベジ水耕栽培

LEDの下で数ヶ月楽しむことができるハーブです、ぜひ水耕栽培でチャレンジしてみてください。


チャイブを種から水耕栽培するキットはこちらから


ハーブ水耕栽培クッキング.jpgハーブ水耕栽培Hクッキングs.jpg