水耕栽培

植物栽培用LED光源と光合成

IMG_0167-13.jpg

リビングファームオリジナル植物栽培用LED光源と光合成

LEDの光と光合成について
植物は、葉の中のクロロフィル(
葉緑素)の中で光合成が行われ、捉えた二酸化炭素をデンプンなどに変化させる生産工場です。
光(太陽光)などの白色光の内、可視光線(人の目に見える光)は図のように波長の短い方から紫、藍、青、緑、黄色、橙、赤などの光に分解されますが、葉っぱはそれらの光を選んで吸収しております。
クロロフィル(葉緑素)は図のように青い光と赤い光の色を多く吸収しており、緑の光はは反射する割合が大きいので人の目には多くの葉っぱは緑に見えます、ただ透過した緑の光はいつしか吸収されて光合成に役立ちます。植物工場などでは効率的に良いので光源としては赤LEDと青LEDを多く使っています。
また青LEDの単色光の栽培は野菜にいろいろなストレスを与えることで抗酸化剤(ポリフェノールなど)が多く作られる
と言われています。

植物の光合成_グラフ改150427_150.jpg

 

LED光源−赤と青の効用 

いち早く、最先端技術を利用した植物工場の実用化に取り組んでいる玉川大学の「LED農園」

各種メディアに取り上げられており、その動向に我が社も注目しておりますが、

LEDの赤と青の効用について、参考になる記事がありましたのでご紹介させていただきます。http://www.tamagawa.jp/social/academic/plant_factory/vol1.html

〜LED赤色光でリーフレタスを栽培すると、露地栽培に比べて甘みがあり、ビタミン類を多く含むレタスになります。逆に、青色光を多く含むLEDで栽培すると、レタス特有の風味や苦味が強く、ポリフェノールなどの抗酸化物質が多く含まれ、健康に良い効果のあるレタスに育ちます。〜

 

          リビングファームオリジナル植物栽培用LED           
リビングファームでは植物の光の色に対する特殊な反応を考えて、赤LEDを主体とする植物栽培用
LEDを開発しました。

リビングファームが独自に開発したLEDは2種類あります、LED360とLED600です。
それぞれの赤LEDと青LEDそして白LEDは

 LED360: 赤LED 6個、青LED 2個、白LED 4個 で合計12個
 IMG_0046.JPG IMG_0056-18.jpg

 LED600: 赤LED 10個、青LED 4個、白LED 8個 で合計22個
 IMG_0018-18.jpg 
 IMG_0124-8.jpg
この比率は各種のリーフレタスやバジルなどのハーブなど50種以上の植物を育成した結果です。
葉っぱの光合成による成長度合いや、ビタミンやポリフェノールの抗酸化剤などの発生状況なども考慮して赤、青そして白LEDの比率を決定しました。
特に赤は光合成を促進し、青は抗酸化剤の発生に寄与しており、白は葉っぱの緑色の発色を考えて追加しました。その結果はリーフレタスやパセリを日本食品分析センターにてその成分(ビタミンやポリフェノールなど)を分析しており、その成果を確認しております。
_MG111.jpgIMG_0167-13.jpg


 植物栽培用LEDのお求めは・・・・・・
LFS100_500.jpgLFS100_2_500.jpgCVL_1_500.jpg
LFS_600_1_500.jpgLFS_600_2_500.jpgRWS_210_600.jpg