水耕栽培

夏休みの自由研究 ベビーレタスをタネから水耕栽培で育てます

新製品『こどもとお母さんの水耕栽培キット』 7月より発売開始

今年の夏休みの自由研究にはベビーレタスをタネから育てる水耕栽培にチャレンジしましょう!

タネ植えから始めて、発芽する様子を観察しながら、なぜタネは発芽するの?子葉の役割は?などを勉強します。

日中は陽の当たる場所に置き、夜はLEDスタンドの光と当てると、毎日どんどん大きく育ちます。

どうして野菜は大きくなるの?光合成てなに?なども葉っぱを観察しながら勉強できます。

そして30日後には大きく育ったベビーレタスの葉っぱを収穫して、サラダにして食べます。

野菜嫌いのお子様も自ら育てた安全・安心なベビーレタスに夢中になります。

 

水耕栽培ベビーs.jpg

 

7月初旬より発売しました

こどもとお母さんの水耕栽培キット   LFS−370

小学3,4年生はお母さんと一緒に、5,6年生は一人で育てられます

こどもとお母さんキット2s.jpg こどもとお母さんキットs.jpg


キットにはベビーレタスの水耕栽培用具と育てるガイドブックと夏休みの自由研究になる水耕栽培日記が付いてます。


ベビーレタス・ミックスにはベビーロメイン、ベビーオーク、レッドオーク、ロロロッサなどが入っています


ベビーリーフ・ミックス1S.jpg


キットの内容

育成容器、育苗トレイ(2個)、スポンジ培地(ばいち)シート(2回分)

液体肥料、ベビーレタス(約2回分)、ピンセット、ネームプレートなど

お子様の夏休み自由研究になる『ベビーレタス水耕栽培日記』が付属します。

日記には日々観察した文や絵、写真を入れることができます。


ベビーレタスの水耕栽培方法

準備するもの

水耕栽培キット、ジョウロ、水の入っているボール、キッチン用透明ラップなど

ベビーリーフミニキット1s.jpg IMG_0042-16s1.jpg

スポンジ培地シートを水に浸して、たっぷりと水を含ませます。

培地シートを育成容器の育苗トレイの上にのせます。


タネを植えます

ベビーレタス1S.jpg ミニ水耕菜園3.jpg

タネをスポンジ培地シートのスキマに植えます。

1本のスキマに10〜15個のタネを深さ1cmぐらいのところにおきます。

上からジョウロで水をたっぷりと、培地シートの底がぬれるまで差します。


ミニ水耕菜園17s.jpgベビーレタス水耕栽培4S.jpg

水が蒸発してスポンジ培地が乾燥しないように、容器の上から透明なキッチンラップをかけます。

2〜3日目にはスキマから緑の芽が出はじめます。


[発芽にはなにが必要でしたか? 答えは:水と空気とあたたかさです] 

まずタネは水を吸うと根と芽を出しはじめます、そして呼吸を始めますそのために空気(酸素)が必要です。

そのためにタネを入れたスポンジ培地には水と空気が入る小さな空間が沢山あります。

タネは寒い冬や、冷蔵庫に入れておくと発芽しません、春になったりあたたかいお部屋におきますと、水を吸い発芽が始まります。



[芽が生長するに必要なものは?まず光です]

小さな芽が出始めましたね。タネが発芽はじめたときは、タネにある栄養分(デンプン)などで根も芽もおおきくなります。

芽が外に出てさらに大きく成長するにはいよいよ光が必要になります。小さな葉っぱで光合成が始まるのです。ですから発芽したら直ぐに光を与えなくてはいけません。


直ぐに光を当てます。LEDスタンドか蛍光灯スタンドの光か、昼間は陽の当たる場所に置きます。

光の量が足りないと茎だけが伸びる徒長現象(モヤシ現象)がおきます。

sベビーリーフ水耕栽培.jpg水耕栽培徒長s.jpg


[芽がさらに大きくなるためには?肥料です]

 発芽して最初は子葉にある養分(デンプン)を使って成長します。

子葉の真ん中から本葉の芽が出始めますと子葉の養分を使ってしまい、だんだん小さくしぼんできます

そこで成長した根から栄養分を吸収しなければなりません。

根が伸びている水のなかにはまだ栄養素がありません、そこで液体肥料(ベジタブルライフA)を与えます。

ベジタブルライフAには植物が生長するに必要な栄養分、チッソ、リン酸、カリウムの3大要素とカルシュウム、マグネシュウム、イオウ、そして微量要素の鉄、マンガン、亜鉛などが入っています。


[間引きをしてあげます]

培地シートのスキマから沢山のベビーレタスの芽が出ています。あまり近づいていると成長ができませんので、適当な間隔になるように小さな芽から抜いてください。

抜いた根を観察しましょう、太い根の周囲には細い根毛があります、そこから水や無機養分を吸収しています。



ベビーレタス水耕菜園14S.jpgベビーリーフ水耕栽培6S1.jpg


この肥料を水に約200倍に薄めて溶かし、根より吸収させます。

本葉が出てどんどん大きくなりますと,ますます光が必要になります。

出来るだけ朝から晩まで陽の当たる場所に置いてあげます。


[葉っぱで光合成がおこなわれています]

 葉っぱは光を多く受けれるようにだんだん大きく、幅広い形になります。

この葉っぱの中で光合成がおこなわれています。

葉っぱの表面に多くの葉緑体(緑の色のツブ)があり、その葉緑体の中に入った光はエネルギーになります。

そのエネルギーの力で、葉っぱの裏側にある気孔から入ったきた二酸化炭素と根からあがってきた栄養分と水とを反応させます。

その結果葉緑体の中でデンプンができます、そして水が分解されて酸素ができ、気孔からどんどん外に出ていきます。

このデンプンは他の茎や芽に移動して植物はどんどん成長していきます、これらの反応が光合成です。


「光合成に必要なものは何でしょう」

@光(太陽の光またはLEDや蛍光灯の光)

A栄養分(チッソ、リン酸、カリウムなどのほかにマグネシュウム,カルシュウム、鉄分など)

B水(水耕栽培は直接根から吸収します)

C二酸化炭素(葉っぱの裏側から葉っぱに入れます)

D温度(暖かいほうが光合成が活発になるようです)

E酸素(呼吸するときつかいます)


ベビーリーフ水耕栽培13S.jpg

タネを植えてから20日ぐらいになると葉っぱが大きくなってきました。

 

ベビーレタスの種類によって形、色も変わってきました。

グリーンオークは緑の色で特長のある形をしています。

レッドロメインやレッドオークなどの葉っぱの色が赤黒くなってきました、この色素はニンジンの赤色とおなじカロティンが一杯含まれているからです。

ベビーロメインは長い葉っぱで濃い緑色しています。

ロロロッサは縮れた形が特長です。



どんどん蒸散が始まっています]

葉っぱが大きくなるにつれて、水の無くなるのも早くなります、根からどんどん水と養分を吸収して大きくなっています。

水は根から吸収されるとほとんどが葉っぱの裏側にある気孔から水蒸気として出てしまいます。

これを蒸散と言います。

蒸散が活発になると、栄養分もどんどん根から吸収されて、葉っぱで光合成がおこなわれ、デンプンができ葉っぱや茎もも大きく成長します。


葉っぱが大きくなると蒸散が活発になるので、肥料を入れた溶液水は2〜3日に一回あげます。


いよいよ収穫です

ベビーレタス・ミックス1S.jpgベビーリーフ・ミックス3S.jpg

ベビーリーフ・ミックス1S.jpg


いよいよ収穫します大きくなった周辺の葉っぱから摘んで収穫しましょう。

収穫は全部まとめてしないで、毎日必要なだけ摘みますと毎日新鮮なベビーレタスが食べられます。

また液肥をあげながら、昼間は陽の光を当て、夜間はLEDスタンドの光を当てます。

数日後には小さな葉っぱも大きくなって再度収穫を楽しめます。


お子様と一緒にベビーレタス一杯のサラダを楽しんでください。

サラダ 水耕栽培野菜S.jpg



 

こどもとお母さんの水耕栽培キット

定価 2,600円(税込み)

リビングファーム・ショップで

ミニ水耕菜園キットこどもとお母さんs.jpg