水耕栽培

ベビーケール水耕栽培日誌:ケールを何回も楽しめます 6月12日

ベビーケール1s.jpg ベビーケール2s.jpg

ベビーリーフ11-1S1.jpg ベビーケール7s.jpg

ケールをミニ水耕菜園キットで育てています。

ケールは世界的に栄養価で注目されている葉野菜で、アメリカではトレンディなサラダとして、日本では青汁の原料となってなっております。

ケールをしっかりと育てるにはリビングファーム水耕栽培ココベジなどが良いですが、もっと気楽にケールを育てるにはベビーケールが最適です。

リビングファームではあまり大きくならないベビーケールをミニ水耕菜園キットとして販売しています。

ベビーケールはベビーリーフ用に開発された種なので大きく育ちません。

ベビーケールの種をミニ水耕菜園キットの培地シートMのスリットに10個ぐらいずつ植えます。

発芽も大変早く、発芽率も90%と効率的です。

その後はLEDで夜間育て、日中は日の当たるところに極力長く置きます。

収穫は早く25日〜30日ぐらいからできます。なるべく若く、柔らかい内に収穫しますと、美味しいケールサラダが楽しめます。

ベビーケールはケールを違って葉っぱも大きくなく、柔らかくてあまりケール独特の青臭さが少なく香りも爽やかです。

何よりも良いのは1回収穫してから1週間後にはまた葉っぱが大きくなり、再度収穫が楽しめます。

我が家では2月に植えたベビーケールを今でも収穫して毎朝のサラダに入れてます。

ケールの栄養価はパセリ、大葉並みでビタミンAで球形レタスの10倍以上、ビタミンCで15倍以上で我が家の大事な健康野菜の一つです。

 

 

ベビーケールを育てるミニ水耕菜園キットはこちらから

ベビーケール用アイコンS.jpg