水耕栽培

夏休み自由研究に水耕栽培でベビーレタスを育てます

水耕栽培ベビーs.jpg

7月に入りました、こどもたちにとってはいよいよ夏休みですね。

リビングファームでは夏休みに学校の宿題となる自由研究にぴったりのベビーレタスを水耕栽培で育てるキットを発売しました。

水耕栽培でベビーレタスを育てることにより、まずタネを植えることから始まり、発芽する状況を目の当たりに見ることができます。

発芽はなぜ起きるのかを5年生の理科では勉強しますが、それを実際に実験で見ることができます。

そして発芽した苗が日光の光を与えたり、夜はLEDの光を与えたりしてどんどん苗が成長する様を、毎日の毎日観察できます。

そしてその成長は、6年生で勉強する光合成によることを目の当たりでベビーレタスを見ながら理解します。


長い夏休みの間、子供たちが自然の不思議さを自ら植物などを育てながら約30日間日記にまとめることにより、役に立つ自由研究になることと思います。


リビングファームが7月に新発売した[こどもとお母さんの水耕栽培キット]はベビーレタス水耕栽培日記が付いております。

ベビーレタス育てる様をその日記にして記入することにより約30日間の自由研究としてまとめることができます。


夏休みの終わりには、お母さんと一緒に育てたベビーレタスを美味しいサラダにして食べます。

野菜嫌いのお子さんもすっかりを野菜好きになります。

 

こどもとお母さんの水耕栽培キットはこちらから

定価2,600円(税込み)

ミニ水耕菜園キットこどもとお母さんs.jpg