水耕栽培

パクチーの発芽について

パクチーの発芽について

野菜、ハーブの中でも発芽が大変難しいものがあります。
今までで苦労しましたのがアイスプラントやホウレンソウです。


次にはパクチーですね。
でもパクチーは容易に発芽させられる要領があります。
パクチーは硬い殻にタネが囲まれていますので、そのまま培地に植えても発芽率は低いです。

 

パクチー種1S.jpgパクチー発芽2S.jpgパクチー種3S.jpg


まずパクチーの殻をプラスティックハンマーなどで軽く叩きますと割れ目ができます。
その割れ目にピンセットなどを差し込んで二つに割ります。
中からウス緑色のタネが二つ出てきますので、そのタネをウレタン培地に植えますと発芽率は80%以上になります。


大量にパクチーのタネを割るときには硬い平面に並べたパクチーのタネを平らな硬い板でもみますと少しずつタネが分化してきます。
そのタネを植えます。
発芽2S.jpg発芽1S.jpgパクチー発芽3S.jpg


タネの発芽の要因
種の発芽に必要な要素は、水、温度そして空気(酸素)です。
まず種は水を吸収することにより発芽ホルモンが発生して、種の中で根と芽の形が作られます。
通常発芽ホルモンが活性化する温度は10〜25度ですが、種(特にホウレンソウ)によっては温度が高く(20℃以上)ないと発芽しないものもあります。
冬場寒いときは室温、周辺温度を上げて発芽を促します。


発芽に光がいるかどうかはタネの種類によります。
光が必要なタネは光発芽種子といい、シソ、ミツバ、レタスなどで多くのあります。
光が当たると発芽が止まるタネもあります、トマト、かぼちゃ、きゅうりなどがあります。
リビングファームではタネによって光反応が違うことを考慮して、培地にタネ植えして水を差してから1〜2日は黒いビニールシートを被せてあげます。

発芽3S.jpg

タネの発芽の仕方
まず根が出始めてから芽が出ますが、種は呼吸を始めるのでその周辺に酸素が無いと進行が止まります。


リビングファーム水耕栽培ではウレタンスポンジ培地に種を植えますので、種の周囲に酸素は充分に供給されています。


ただ発芽ホルモンが発生しても水が足りないと発根、発芽が止まりますので、ウレタン培地にはは水を充分含ませることが必要です。
今までの経験では、一度途中で枯れた種は再度水を与えても全てが止まりますので発芽しません。
再度タネを植え直します。

ウレタン培地には充分な水を与え、その後透明なラップ等で水分の蒸発を防ぎます。 これは大変重要です。
いよいよ発芽です。
ウレタン培地のスキマから緑の芽が出始めます。
種によって3日で発芽を見るのもありますが、10日以上経ってから発芽を見る植物もありさまざまです。

パクチーは7〜15日ぐらいで全ての培地から芽が出始めます。

パクチー水耕栽培26s1.jpgパクチー水耕栽培11-2S1.jpg
発芽率は植えた種の数で発芽した芽の数を割り計算しますが、リーフレタスなど通常市販されている種は80%以上が多いです。
アイスプラントのように発芽率60%以上と書かれている種もあります。
発芽を見たら直ぐに光を与えます、光が足りないと茎だけが伸びる徒長現象がおきます。
あまり徒長が激しいときは再度種植えしてください。


発芽後の注意点は光、水、栄養です。
日中は太陽の陽が当たる場所に置き、夜間は蛍光灯、LEDスタンドの光を当てます。
ウレタン培地の水は枯らさないようにします。

パクチー水耕栽培21S.jpg
芽は初期には子葉から栄養をもらいますが、本葉が出始まる頃は根からの栄養が必要です。
育苗容器に水に液体肥料を少したらします。
リビングファームの液体肥料(ベジタブルライフA)は150倍に薄めます。


10〜15日過ぎると根も長く伸び、芽もしっかりと伸びてきます。

種によって日数が異なりますが、種植えしてから15〜25日ごろには定植する時期です。


水耕栽培で育ててた苗は根の長さも確認でき、最適な苗だけを定植して育てていきます。
定植はプランター、畑などに苗を培地と一緒に植え、太陽の光で育ててください。
リビングファーム水耕栽培では育成ポットにハイドロボールで固定し育成ボックスいれLEDなどで育てます。

パクチー水耕栽培20S1 (2).jpgパクチー水耕栽培22S.jpg

 

 

パクチーの苗を水耕栽培で作るキットは

パクチーの育て方.jpg