水耕栽培

こどもとお母さんの水耕栽培キットをイラスト説明します 7月21日

7月21日からほとんどの小学校では夏休みに入りました。

こどもたちにとっては大いに遊べる時期とは思いますが、宿題も多いので最後のほうで苦労するようです。

宿題の中でも最近学校では自由研究に力を入れているようですね。

そこでリビングファームでは昨年売り出しました『こどもとお母さんの水耕栽培キット』で自由研究してはと提案してます。

この水耕栽培キットはベビーリーフをタネから水耕栽培しますので、この極暑の折でもお部屋のなかで栽培出来ます。

ベビーリーフのタネをウレタン培地に植えることから始めますが、そのスキマから小さな芽が出てくるのは大きな驚きであり、まれな体験です。

発芽することの不思議さも目の当たりで見ることにより実感できます。

そして収穫までの25~30日間に起こる日々の変化を記録しておくことはバーチャルなゲームなどで

時間を使っている子供さんには素晴らしい実体験と思います。

そして収穫するベビーリーフを食べながらお子様との会話も楽しめ、又野菜嫌いもなくなると思います。

このキットを少しでも子供さんに判り易く、親しみをもてるようにイラストをしらとしりんさんに

お願いしてリビングファームショップのページを新しくしましたのでぜひご覧ください。

 

因みにこの『こどもとお母さんの水耕栽培キット』をイラストだけで紹介したいと思います。

こどもとお母さんキット1.jpg

詳細な育て方はガイドブックにあります。

写真とイラスト入りで判りやすいです。
こどもとお母さんキット9.jpg

 

【ベビーリーフの育て方】

 

ベビーリーフのタネをウレタン培地に1粒づつスリットに植えます。

こどもとお母さんキット2.jpg

 

こどもとお母さんキット6.jpgタネが発芽する必要な要素は

水、空気、温度です。

 

光は必要なタネと不必要な

タネがあるから複雑です。

 

 

タネにしっかりと水をあげます。

 

2~4日ぐらいでスリットから芽が出てきます

こどもとお母さんキット3.jpg

 

芽が出たら直ぐに日中は陽の光、夜間はLEDなどの光を当てます。

こどもとお母さんキット7.jpgこどもとお母さんキット8.jpg

 

 

小学生3~4年生のお子様はお母さんと一緒に、5=6年生はお一人でできます

こどもとお母さんキット4.jpgこどもとお母さんキット5.jpg

 

育てながらキットについている栽培日記を毎日つけます。

こどもとお母さんキット10.jpg

 

野菜が育つのは光合成によります。その原理も勉強できます。

 

こどもとお母さんキット11.jpg

 

タネを植えてから約25日いよいよ収穫が始まります。

 

こどもとお母さんキット12.jpgこどもとお母さんキット13.jpg

 

 

5種類のベビーリーフができました、サラダで新鮮栄養価満天のベビーリーフを楽しみます。こどもとお母さんキット14.jpg

 

この『こどもとお母さんの水耕栽培キット』お求めは

こちらから

sssこどもとお母さんの水耕栽培キット.jpg